営業日誌~BARとはどんなところ?

営業日誌~BARとはどんなところ?

Read Time:16 Second

BARに初めていらっしゃるお客様が着席後しばらくして、
「イメージと違った」とおしゃることがとても多いです。

※最近は会話をするのもできるだけ避けるようにしておりますが、
以前は本当に多かったです。

 

そこで、本日はBARってどんなところ?
というの簡単にお話してみます。

 

一口にBARといってもオープンタイプの路面店や、
雑居ビルの中層~高層階の1室というような、
様々なタイプがございますが、
多くの方が想像するのは後者ではないでしょうか?

後者の場合に多い営業形態が
「オーセンティックBAR」と呼ばれるものです。

さほど入店できる人数は多くなく、
基本カウンター席のみでの利用となり、
もしあっても1室程度のボックスが設置されている
というところでしょうか?

また、照明は薄暗いお店が多く、
比較的穏やかなBGMが流れています。

一人で来店のお客様も多いので、
店員とお客様の会話はあれど、
他のお客様との会話は
基本ないような空間となります。

なお、オーセンティックBARと呼ばれるお店では、
メニューが置いていないことが時にあります。

ですので、いくらぐらいかかるのか?
がわかりづらいというご意見も多いところです。
加えてチャージと呼ばれる席に座るのに
必要な基本費用が必要なお店も多いです。

※ちなみにお通しというちょっとしたおつまみを提供するお店もありますが、
あくまでサービスであり、チャージの料金に含まれるものではありません。

 

このように皆様が想像するBARはかなり敷居が高く、
初見で訪問してもどうしていいかわからない空間という、
イメージがついているように感じています。

もちろん地域や細かな立地により、
そもそも敷居が高いところもございますが、
ちょっとした前提を知っておくと、
BARも気軽に使える便利な飲食店である、
と気づいていただけるのでは?
と私は常々考えております。

 

次回からはこのようなオーセンティックBARに行くのに、
知っておくとよいことをお話できたらと考えております。

また、自宅でのカクテル作りのコツもお話できたらと。
当店のレシピを公開しておりますので、
ぜひ挑戦してみてくださいね。

 

では、いってらっしゃいませ。

Profile

椎名 和美

BAR Decord 店長の椎名和美です。 ご来店いただく全ての方が楽しんでいただける空間づくりを心掛けております。 ごゆっくりお過ごしください。