営業日誌~ここから始めるウイスキーはいかがですか?

営業日誌~ここから始めるウイスキーはいかがですか?

Read Time:18 Second

今回は自宅でのウイスキーをはじめてみるときのオススメ銘柄と、
飲み方などをお話いたします♪

最近、ウイスキー人気が高まってるというニュースが多くみられたり、
ハイボールを飲まれる方が増えているというお話が多くありませんか?

実際、店舗でもまずハイボールを注文されるお客様は、
長くいらっしゃっている方から、
最近お見えになった方まで幅広く多いように感じております。

そんなウイスキーに興味はあるけれど、
なにから飲み始めていいのかわからない、
なんてご相談をカウンターでもよく伺います。

そこで最初の1本にオススメの銘柄について、
本日はお話をさせていただきます。

なお、あくまで私の考えですので、
他のバーテンダーさんに聞かれると違った答えがかえってくるでしょう。
ぜひ、バーに行かれる際には知りたいことをシンプルに聞いてみてください♪
それもバーの楽しみの一つですので。

最初の1本にオススメの銘柄

今回はご自宅で1本最初に買うとするならば?
ということでお話をさせていただきます。

おそらくですが、
かなり多くのバーテンダー同じ答えをするのではないかな?
と考えております。

その銘柄は「デュワーズ・ホワイトラベル」

160年以上の歴史があるスコッチウイスキーの定番です。

グレーンウイスキーとモルトウイスキーを混ぜた、
ブレンデットウイスキー。

※種類のお話はまた別途

販売サイズの少量から設定されており、
場合によってはコンビニでも手に入ります。
価格もとてもリーズナブル。

それでいてクセが少なく、
ウイスキーの魅力はしっかりと詰まっている名品です。

バーではソーダ割り(ハイボール)での提供が多いです。

この銘柄をオススメする理由は、
まず価格がリーズナブルであること。
高価なボトルをいきなり買ってみたものの、
口に合わないということもあるでしょう。
そういう失敗リスクを少しでも下がる意味でも重要です。

さらに、とにかくクセがなく飲みやすいということ。
やはりウイスキーは香りや味が独特です。
最初の一本に個性的なものはやはりオススメしづらいです。
モルトとグレーンというそもそも特色が違うものを、
ブレンダーが飲みく味わい深くブレンドしたものこそが、
最初の一本にふさわしいのではないかな?
と私は考えます。


今回は最初の1本に選ぶとするならば?
というお話をいたしました。

次回は始めてのウイスキーはどう飲むのがよいのか?
というお話できたらと考えております。

では、いってらっしゃいませ。

Profile

椎名 和美

BAR Decord 店長の椎名和美です。 ご来店いただく全ての方が楽しんでいただける空間づくりを心掛けております。 ごゆっくりお過ごしください。