本日のちょっとニュース♪「ウイスキーの価値」

本日のちょっとニュース♪「ウイスキーの価値」

Read Time:25 Second

本日は「アードベッグがリリースしたカスクの中で最も古い、1975年製カスク「アードベッグ カスク No.3」を、アジアの個人コレクターに1600万ポンド(日本円:約26億円)で売却」というニュースを見つけました。

ウイスキーが投資対象と言われるようになって数年が経ちましたが、
アードベックの1975年製カスク「アードベック カスクNo.3」がなんと日本円で約26億円で売却されたという仰天ニュースです。

ウイスキーはもともとアルコール度数が高いため、長期貯蔵により味わいが様々に変化し、
更に品質としても維持される場合が多いこともあり、
このような高額な取引がさされたのでしょうかね?

今、手元にもっているウイスキーが30年後にすごいお値段に!?
なんて考えるとちょっとロマンがありますよね♪
とはいえ、私はすぐ飲んでしまうのですが(笑)



【プレスリリース抜粋】

「アードベッグ カスク No.3」は、アードベッグ蒸留所の2度の閉鎖を乗り越えた、唯一無二の1975年製カスクです。1970年代にはシングルモルトがほとんど造られず、また1980年代と1990年代にはアードベッグ蒸留所が閉鎖されていた時期もあり、アードベッグがリリースしたカスクの中で最も古く、類を見ないほど貴重なものです。今後、オーナーのために5年かけてボトリングされ(毎年一定数のボトル)、少なくとも10年間は再現不可能な、唯一無二のアードベッグコレクションを提供します。

今回の「アードベッグ カスク No.3」の個人売却は、アードベッグの約200年の歴史において、これまでのシングルモルトカスクのオークション記録をはるかにしのぐ特別なマイルストーンとなりました。現在では、世界各地でカルト的な人気を誇り、数え切れないほどの受賞歴を持つアードベッグですが、その歩みは波乱に満ちたものでした。先行き不透明な状況から蒸留所の閉鎖や再開を繰り返し、廃業の危機を免れたアードベッグは、現在力強く発展を遂げています。

グレンモーレンジィ社 トマ・モラプールCEOは今回の売却について、「私達のこれまでの道のりを支えてくれたアードベッグコミュニティの全ての人にとって、誇らしいことだと思います。わずか25年前、アードベッグは存続の危機に瀕していましたが、現在では世界で最も人気のあるウイスキーのひとつとなっています。スモーキーなスピリッツを生み出す蒸留所スタッフから、何十年にもわたって樽を管理する熟成庫スタッフ、そしてファンやバーテンダー、コレクターの間でこのウイスキーの評価を高めることに貢献してくれている世界中のチームに至るまで、何世代にもわたる努力の結晶がここにあるのです。」と語りました。

この販売による利益の一部、100万ポンド(約1.6億円)は、このカスクを何世代にもわたって大切に扱ってきた蒸留所のスタッフに敬意を表し、アイラ島の活動を支援するために寄付する予定です。

Profile

椎名 和美

BAR Decord 店長の椎名和美です。 ご来店いただく全ての方が楽しんでいただける空間づくりを心掛けております。 ごゆっくりお過ごしください。