営業日誌~自宅でカクテルを作る時の氷のお話

営業日誌~自宅でカクテルを作る時の氷のお話

Read Time:18 Second

何回か続けてお話しております、
自宅でカクテルを作る際のポイントですが、
本日は氷ついてお話いたします。

BARに行かれる方は目にされているあの大きくて透明な氷。
自宅でカクテルメイクにおいても
そのようなものが必要でしょうか?

最初に答えから申し上げますと、
必要な場合もあるということになります。

そもそもですが、店舗で使用される透明な氷は、
透明であるだけでなく、
密度が高く、とても硬い氷です。
このような氷は自然であったり、
業務用の特殊な製法で、
とても大きい氷の中から、
良い部分だけを取り出したもので、
よく動画やネットの記事にある、
ご家庭で透明な氷が作ることができる!
という手法で作られたものとは、
根本的に異なるということを認識いただければと。

では、家庭の製氷機や、
冷凍庫で作成した氷では
カクテルメイクができないのか?
という点ですが、
ロンググラスで作成する、
ソーダ系のカクテルであれば
ご家庭の氷でも問題なく使用できます。
この際に、時々ノウハウとして言われている、
「氷を洗う」ということは避けていただければと。
家庭で作成された氷はとても溶けやすいので、
水で洗うとあっという間に小さくなってしまします。
それでは本来の冷やすという目的を達成できませので、
ご家庭で作成された氷であれば、
そのまま利用いただければと。

では、それ以外の場合、
例えばシェークであったり、
ちょっと趣向を変えて、
ウイスキーをロックで飲みたい、
という場合にはコンビニやスーパーで
売られている氷の購入をオススメします。

売られている氷は、
業務用の氷のような製法で作成されており、
家庭のものより溶けずらいものになります。

可能であればブロックのものを、
アイスピックなどで割っていただくのがよいのですが、
当初は難しいと考えられますので、
ある程度の大きさに砕かれたものの購入を
オススメします。

このように、氷も作り方によって、
質が異なるものですので、
シチュエーションに合わせて使用いただければと、

なお、透明の氷の作り方についてや、
ご家庭でもこだわりの氷の作り方などの、
ちょっと面倒なお話はそのうちお話できれば。

次回は実際のカクテルビルドのお話をできたらと考えております。

では、いってらっしゃいませ。

Profile

椎名 和美

BAR Decord 店長の椎名和美です。 ご来店いただく全ての方が楽しんでいただける空間づくりを心掛けております。 ごゆっくりお過ごしください。